ruffle-s’s blog

自殺未遂で脊損となった人間が日記をのんびり書いています。

自己紹介

初めまして。 ラッフルという名前でブログを始めました。

このブログでは脊髄損傷してからの入院、リハビリの生活について書いていきます。 タイトルが日付のものは、入院中に手元に書いていた日記を個人名等を隠して投稿したものです。

職場でのストレスにより通勤中にパニックを起こして飛び降り、L1損傷と右足踵骨骨折、仙髄損傷による膀胱直腸障害を抱えました。 現在(2019/09/19)、歩けるようになるとは言われていますが、実際に何がどこまで回復するかは分かりません。

自身が脊損と知った時、実状を知るために他の脊損の方のブログを見たりしました。 そのため、今後脊損になった方やそのご家族のためになればと思いこのブログを立ち上げました。

また、自殺を考えている人にも見てもらって、自殺失敗するとこんな生活が待っているんだ、と思ってもらえるといいかなと思います。 (決して「確実に自殺しろ」と言っているのではありません。むしろとどまって欲しいのです。)

特別大した内容を書いているわけではありませんが、何かの参考になればと思います。

よろしくお願いします。

10月15日(火)

今日は昼過ぎにリハビリが終わったので、読書や自主トレをして過ごした。

自主トレはかかと上げ、おしり、足先の筋トレなどをした。 普段リハビリ中にやっているものの詰め合わせだ。 最近自主トレをサボり気味だったが、久々にしっかりやると充実感が得られて良い。 筋トレのおかげか、ネガティブだった気持ちも少し前向きになれて一石二鳥だった。

夕食後、父が来てくれた。 中々排泄がコントロール出来ないことを相談したりした。 長い目で見ようと声をかけられて嬉しかった。

10月14日(月)

今日は来客が多かった。 音楽仲間が来てくれた。 今回の事故の経緯について話している人なので、会話に気を使うことがなく、楽だった。 最近はドラムやりたい欲が出ているらしい。オカズが手癖に頼って来ているのを改善したいらしく、左から入るようにしたり、ルーディメンツとかに立ち返っているらしい。 上手いプレイヤーはこうして上達していくのか、なんて思ったりした。

途中で別の音楽仲間も彼女とともに来てくれた。 もう1人の音楽仲間もそうだけれど、これまた遠いところからわざわざ来てくれた。 本当に周りに愛されているなと感じる。

友人が夕食後に来てくれた。 時々ふらっと寄って、おしゃべりして帰る、という祖父の家に行くような感じで来てくれるのでありがたい。 悩みを話し合ったりして過ごした。 少し胸のモヤモヤが取れた気がした。

10月13日(日)

担当のリハビリスタッフが2回入っていたので、少しリハビリがキツかった。 というのも、担当である場合は日々状態を見ているので、無駄なく筋トレや歩行訓練を組んでくれるのだ。 状態確認などのコミュニケーションに多く時間を取られない分、トレーニングに時間を割くことになり、結果疲労は増える。 これはいい疲労なので、特に文句はない。 頑張っていきたい。

10月12日(土)

しばらく指摘されていた膝の屈折が少しマシになってきた。 足をつく時に必要以上に曲げてしまうため、腰に負担がかかる上にアンバランスになっていた。 それが改善の兆しを見せたのでまた1つ進歩だ。

排尿に関しては、お通じが多めに出たあとからは問題なく出せるようになった。 便が溜まると出しにくくなるのかもしれない。

10月11日(金)

今日、排尿がやりにくく感じた。 受傷後は腹圧で出すようにしていたのだが、中々いつものように出なかった。

心配なので残尿を量ってもらったが、100ml以下…。 導尿の必要は無しとなり、一旦様子見となった。

10月10日(木)

昼過ぎにリハビリが終わったので、日中かなり暇に感じた。 何となくやる気が起きずダラダラと過ごしてしまった。

やはり目標をしっかり立てて、毎日それに向かって行動する気持ちが無いとせっかくある時間を無駄にしてしまう。 有意義でなくとも、ダラダラする!でもいいので目的をもって行動したい。